第二新卒とはいつまでなのか?その定義や年齢を解説

第二新卒の定義

第二新卒での採用を見直す企業が多く現れている昨今ですが、そもそも第二新卒とはなんなのでしょうか?

この記事では、第二新卒とはいつまでのことを指すのか、その定義や年齢などを解説しています。

第二新卒とは?年齢は?いつまで?何歳まで?

分かりやすくするために、第二新卒、既卒、フリーターを一緒に定義していきます。

第二新卒」は、「一度就業経験のある求職者で、おおよそ三年未満で退職している20代半ばの人」をさします。

既卒」とは、「学校に所属していない、一度も就業経験のない人」を指します。

フリーター」は、厚生労働省の定義によると「15歳〜34歳の男性または、未婚の女性(学生を除く)で、パート・アルバイトとして働く者又はこれを希望する者」のことをいいます。

つまり、第二新卒というのは、就職したけどすぐに辞めてしまった「短期離職者」を指します。

分かりづらい場合は、「卒業後3年以内、かつ25歳未満」と考えることでご自身が第二新卒かどうかを確認しましょう。

ただし、新卒枠には年齢制限を設けている会社も多く、+3年で受けられる会社もあれば、+2年までしか受けられない会社もあります。

25歳、27歳、30歳が第二新卒としての区切り?

年齢別にみると、求人数が急に減る年齢が3つあります。

それは、「25歳」、「27歳」、そして一番大きく求人数が減るのが、「30歳」になります。

この3つの年齢を境に求人数がガクッと落ち込みます。

つまり、あなたが24歳ならば、一年後には選択肢が少し減り、26歳であるならば、選択肢がさらに減ります。そして、29歳ではほぼ希望する職業に就くことができないと述べていいでしょう。

もしも今、第二新卒として転職活動を検討しているのであれば、行動は早め早めにした方が後悔することはなくなるでしょう。

業界を変える場合、年齢は早ければ早いほどいいのが転職市場での常識になります。

第二新卒をピンチと捉えずにチャンスと捉えるようにしましょう。

まとめ

  1. 第二新卒とは、大学卒業後3年以内かつ25歳未満を指す
  2. 第二新卒とは「短期離職者」を指す
  3. 会社によって第二新卒の定義が卒業後2年未満か3年未満かは異なる
  4. 第二新卒はキャリアチェンジのチャンス

第二新卒についてまとめると以上になります。

参考になれば幸いです。