【20代】2回目の転職の不安と対策を考える|第二新卒Z

2回目の転職 20代

新卒で就職後、以下のような理由で会社を辞めてしまう方が多くいます。

  • 上司と合わなかった
  • 給料が低い
  • 仕事内容が求めているものと違った
  • 残業が異常に多い

厚生労働省が2020年10月に公表したデータによると、就職3年以内の離職率は大卒者は32.8%(約3人に1人)、高卒者は約40%にのぼり、会社に合わない方が多くいることがわかります。

初就職で居心地が良く、納得して働けるような会社に出会えるほうが珍しく、転職すること自体悪いことではありません。

ただ、これから2回目の転職を控えている方は、本当に多くの不安を抱えていると思います。

今回の記事では、その不安を言語化することで何を今しなければいけないのか、現実と直面してほしいと考えています。

誰しもが一度は考える「転職への不安」をできるだけ具体的に知ってもらうことで漠然とした不安や余計に心配しなくてもいい不安を浮き彫りにしていきます。

その上で、具体的に何をしていけばいいのか考えてもらう記事となれば幸いです。

2回目の転職で感じる不安とは?【第二新卒】

端的に述べると、以下のことで悩んでいると思います。

  • 一度転職してるからまた転職できるかどうか不安

そして、この「一度転職してるから」が転職活動のときに足かせとなって、2回目もまた失敗してしまうんじゃないか、と考え込んでしまうかと思います。

面接官から早期離職していることでマイナスの評価を貰い、転職活動を優位に進められないのではないか。そんな不安を感じることで転職したいんだけど、なかなか辞められなかったり、必要以上に悩んでしまったり。

正直に述べると、「どうしようもない問題」です。

受け入れるしかないでしょう。1社目を辞めて最初の転職活動を思い出してみてください。

どのように不安と向き合いながら転職活動を行いましたか?

その時と2回目の転職活動をするときに何か違いはありますか?

ほとんど変わらないと思います。

変わるのは、面接官の評価だけです。すごく酷なことですが、早期離職を2回繰り返していると面接官からは「またすぐ辞めないだろうか?」必ず思われます。

1度目の転職でもそういった経験があるかと思いますが、それ以上に強く思われるでしょう。

しかし、これは「事実」です。

変えられないのだから、気持ちを切り替えて転職活動に向かっていくほかありません。

ここでしっかりと現実を認識してください。面接では、必ずなぜ早期退職をしたのかと問われます。必ずです。

では、具体的にどうしたらいいのか?

それは、応募する業界と職種を再度考え、職務経歴書を今まで以上に練り上げ、面接対策も万全を期すことです。

1. 応募する業界と職種を再度考える

業界と職種

初めに応募する業界と職種を再度考えましょう。

当たり前ですが、この時点でなんとなくの採用確率はつかめるかと思います。

 

人手不足の業界(未経験での転職) > 前職と同じ業務内容(中途採用での転職) > 人材過多の業界(未経験での転職)

 

おおよそ以上のような採用確率になります。

福祉やIT業界は、慢性的人材不足があることから非常に採用されやすい傾向となっています。

介護職の有効求人倍率は、2017年現在で3.4倍、IT業界の有効求人倍率は、8.08倍となっています。

つまり、介護職は求職者1人に対して、3つ以上の求人があります。そして、IT業界に至っては求職者1人に対して、8つ以上の求人があることを指します。

これだけを見てもあなたが介護職やIT業界を目指せば、正社員になれる確率は非常に高いことがわかります。

一方、あなたの前職はどの業界でしたか?

参考に、転職エージェントであるDODAの統計を見てみてください。

クリックすると見れます → 「DODAの有効求人倍率レポートはこちら

ここで述べたいことは、最初に目指す業界によってあなたの2回目の転職活動が長引くかどうかぐらいは憶測が付くようになります。

もちろん、そうした慢性的な人材不足を抱えている業界よりも前職と同じ業務内容ならば採用される確率は高くなるでしょう。ただ、それを差し引いても一度転職を経験していることは、大きなマイナスポイントなるでしょう。

それを踏まえたうえで、同業他社の会社をまずは目指すのか、最初から未経験可の業界を目指すのか、決めるといいでしょう。

転職は、消耗戦です。

時間が経てば、経つほどやる気はなくなり、絶望感が日に日に増してきます。出来るだけ戦略を立てて、これがダメだったら次の業界に移行する気持ちを持っておいて間違いはありません。

2. 職務経歴書を練り上げる、面接対策を十分に行う

職務経歴書

冒頭でもお話したとおり、2回目の転職でも必ず「なぜ早期離職したのか?」と問われます。

この質問に対して、あなたは面接官を納得させるほどの理由を考え、面接の場で話すことができますか?

もしできるのであれば、「リクナビNEXT」や「doda」などで求人検索をして自分のペースで転職活動を行うといいでしょう。

しかし、面接対策に自信がない方、非公開求人を提案して欲しい方は転職エージェントを利用したほうが転職活動が成功する確率は必ず上がるでしょう。

求人数を重視するなら「マイナビAGENT」や「リクルートエージェント」、手厚いサポートが欲しいなら第二新卒特化型の「ウズキャリ」「第二新卒エージェントneo」を検討するといいでしょう。

大手転職エージェントでは面接に落ちた理由をすべて話してくれませんが、第二新卒特化型の転職エージェントではオブラートに包まず面接に落ちた理由を語ってくれます。

「なんて残酷なんだ」と思われるかもしれませんが、面接に落ちた理由をすべて改善することで確実に転職成功へと近づけることができます。

2回目の転職エージェント利用も問題ない【二回目】

上記でも紹介している転職エージェントをすでに利用された方がいるかもしれませんが、二回目の利用も問題ありません。

同じ担当になることもほとんどないのでもう一度同じようにキャリアコンサルタントに今までの経歴を伝え、戦略を練る必要があります。よほどのことがない限り、二回目の利用を断られるケースはないので遠慮せず利用するようにしましょう。

【補足】転職の相談先としておすすめの転職エージェントは?

2回目の転職をすべきかどうか、専門的で客観的なアドバイスが欲しいときは、以下のような転職エージェントに相談してみるのもいいでしょう。

※以下、目的の対象ごとにおすすめのエージェントを紹介しますので、該当するものをタップしてください。

下記、それぞれ紹介します。

①転職すべきかどうか、客観的なアドバイスが欲しい方

20代転職に強い「マイナビAGENT」と「リクルートエージェント」がおすすめです。

①-1:マイナビエージェント(20代に圧倒的人気)

mynavi-agent
新卒での採用媒体「マイナビ」を利用していた親近感から、20代に最も使われている転職支援サービスです。
大手エージェントの中でも、第二新卒の転職支援実績が特に多く、安心して利用できるエージェントといえるでしょう。

①-2:リクルートエージェント(業界最大手)

リクルートエージェント
求人数圧倒的No.1のリクルートエージェント。利用するには少し敷居が高いイメージもありますが、専門的なアドバイスをもらえることでしょう。
仕事も少し慣れ、入社半年を過ぎた頃なら登録すると転職アドバイスを受けられると思われます。

 

②転職意思が固く、とりあえず安心して働ける会社に転職したい方

既に転職意思が固く、とりあえず安心して働ける会社に転職したい方は「第二新卒エージェントneo」と「就職Shop」が評判良く、おすすすめです。

②-1:第二新卒エージェントneo(第二新卒専門)

第二新卒エージェントneo
第二新卒専門の転職エージェントとしては、最も転職サポート実績のある第二新卒エージェントneo。
新卒入社半年以内のスキルも全くない若手にも優しく対応してくれるため、相談しやすいでしょう。

②-2:ウズキャリ(第二新卒専門)

uzuz ウズキャリ
一人辺り12時間以上の手厚いサポートが受けられるウズキャリ。キャリアカウンセラーも全員同じ20代と親しみやすく、気軽に相談できます。
紹介される企業はベンチャー企業が多いですが、ブラック企業は100%排除してくれています。

②-3:就職Shop(第二新卒専門)

就職Shop
リクルートグループの第二新卒に特化した転職エージェント。書類審査無しで転職できるのも特徴的。
全て就職Shopが訪問した企業しか紹介されないため、絶対ブラック企業に就職したくないという方にはおすすめのサービスです。

 

下記記事でも詳しく解説していますので、参考にしてください。

必ずあなたの力になってくれます。