仕事辞めたいけど第二新卒になるのが怖い?早く辞めて転職すべき3つの理由

sigoto-quit

インターネットで検索すると、以下のような言葉が並んでいるのをよく目にします

「仕事 辛い」
「仕事 辛い 甘え」
「仕事 辛い 新人」
「仕事 辞めたい」
「仕事 辞めたい 限界」
「仕事 辞めたい 辛い」

このように仕事を辞めたくて、辞めてたくて仕方がないという人が数多く存在しています。

恐らく人間関係や仕事内容をはじめ、相当なストレスを抱えているのでしょう。

しかし、中には仕事が辛くて辞めたいけれど、正社員の立場を捨てるのが怖くてやめるかどうか迷っている新卒がいます。
コロナ禍だからか、なおさら再就職に不安なのかもしれません。

今回は仕事を辞めたいけれど、新卒入社半年や三ヶ月で正社員に戻れるかどうか怖くて辞められない人に向けて、今すぐ転職した方がいい理由を解説します。

第二新卒になるのが怖い?仕事を辞めたいなら辞めた方がいい理由3つ

「仕事が辛くても新卒はとりあえず3年は働くべき」という意見をいう上司がいても、本当に仕事が辛いなら我慢せず、転職を決断することが賢明です。

下記に、会社を辞めて第二新卒で転職することが怖くない理由3つを箇条書きしました。

  1. 第二新卒者の需要の高さ
  2. 有効求人倍率から分かる人手不足
  3. キャリアチェンジのチャンス

理由1 第二新卒の需要の高さ

正社員を捨てるのが「怖い」という悩みを抱えている人は大きな勘違いをしています。

それは、「再就職はあなた次第で容易にできる」ということです。

今、中途採用で第二新卒を採用したい企業は非常に増えています。

・年齢が若く、採用してからの伸びしろがある
・新卒採用ほど採用コストがかからない
・新卒採用ほど教育コストがかからない

など、採用する企業側からしてメリットが大きいからです。

下記の第二新卒向け転職サイト・転職エージェントをご覧ください。

転職サービス名公式URL
リクルートエージェントhttps://www.r-agent.com/
マイナビエージェントhttps://mynavi-agent.jp
dodahttps://doda.jp/
パソナキャリアhttps://www.pasonacareer.jp/
第二新卒エージェントneohttps://www.daini-agent.jp
いい就職ドットコムhttps://iishuusyoku.com/
ウズキャリ(UZUZ)https://daini2.co.jp/
就職Shophttps://www.ss-shop.jp/
ハタラクティブhttps://hataractive.jp/
20代の転職相談所https://20tensyoku.jp/
ネットビジョンアカデミーhttps://www.netvisionacademy.com/
DYM就職https://www.dshu.jp/
マイナビジョブ20’shttps://mynavi-job20s.jp/
Re就活エージェントhttps://re-katsu.jp/career/agent/

日本には、上記のような、第二新卒向けの求人を保有している転職サイトや転職エージェントが50社以上存在します。

全ての第二新卒向け転職サイト・転職エージェントをここに記載しているわけではありませんが、これだけの会社が人材紹介サービスを展開しています。

では、なぜこれだけの人材紹介会社がサービスを現在も運営できているか知っていますか?

それは、第二新卒に需要があるからなんです。

つまり、あなたが思っている以上に需要があり、20代の若者をポテンシャル採用したい企業が日本には多く存在しているということです。

でなければ、これだけ多くの会社がしのぎを削って同じサービスを展開していくことなど不可能です。

この事実を目の当たりにして、あなたは「正社員を捨てるのが怖い」とまだ言えますか?

ウズキャリ(株式会社UZUZ)の代表取締役社長である今村邦之さんとECベンダー「モテナ」の採用担当・桜井友陽さんは、キャリコネニュースの中で第二新卒をこう評価しています。

「考え方がフラットで、当社の理念に共感してくれる人。さらに新卒と違い、既卒・第二新卒の方は少なからず挫折経験があって『負けないぞ』という根性がある。そこが評価しているポイントです」 モテナの採用担当・桜井友陽さん

 

最近では第二新卒を「一度失敗した若者」としてではなく、「挫折経験を持っているからこそ成長意欲が高い人材」として、評価する企業が増えています。

このように、第二新卒を評価している企業が増えたからこそ、多くの人材紹介会社が存在していると言えます。

第二新卒からの転職は難しいのか?でも述べているように好景気であれ、不景気であれ、第二新卒の採用ニーズは高いといえます。

20代という若さで「正社員を捨てるのが怖い」と思うのなら、あなたに合った仕事を見つける機会を自ら捨てていると言えます。

せっかく、今よりもいい環境で働くことができる状況にいるのに行動に移さないのは、非常にもったいなく、行動しなければ何も変わらないでしょう。

下記記事では、第二新卒での転職が難しくない理由を人材紹介会社の資料をもとに解説しています。

具体的な採用ニーズや求人数の増加に関してもわかるので、ぜひご覧ください。

理由2 有効求人倍率からわかる人手不足

業界別

職種別

二つ目の理由は、売り手市場だからからです。

転職エージェント「DODA」が毎月発行している転職求人倍率レポートによると、2021年7月現在で有効求人倍率は2.15倍となっています。
※有効求人倍率とは、「求人数(仕事の数)」を「仕事をしたい人の数(求職者数)」で割ったものです。

コロナ前ほど有効求人倍率は高くありませんが、それでも求人数のほうが求職者よりも2倍以上高いことが明らかです。

上記画像を見ていただくとわかりますが、業界ではIT通信、メーカー、サービスが伸びており、職種ではIT通信などの技術系、営業・企画職も高いことが分かります。

つまり、人手不足と言われている介護やIT業界以外にも伸びている業界や職種は存在します。しかし、実際に求人を見てみないことにはその業界・職種の雇用ニーズを肌で感じづらいでしょう。

第二新卒での転職が怖いと感じる前に、ぜひ「リクナビnext」を利用して希望する業界・職種の求人状況を見てみてください。

もしあなたがIT業界で働きたいなど、求人数が多い業界、職種と希望が一致していたなら、簡単に転職できるイメージが湧き、自信を持てるのではないでしょうか。

理由3 キャリアチェンジのチャンス

第二新卒での転職が決して怖くない3つ目の理由は「キャリアチェンジの絶好のチャンス」だからです。

転職は「年齢」が最大の要因と言っていいほどつきまといます。

なぜなら、日本社会において「年齢」によって転職の可否を区切っているからです。

「DODA」のキャリアコンサルタントは20代をこのように語っています。

キャリア理論的には、20代は自分のスキルや可能性を探す「探索期」、30代は専門性を確立する「確立期」だといわれています。

このような考え方からすると、30代で専門性を確立するために、20代のうちに転職して、自分に合った専門を探すのはひとつの方法です。

出典:「DODA」

つまり、あなたが30代で確立したい専門性に沿うようなキャリアを20代のうちに歩むことが理想だと言い換えることができます。

20代はその「探索期」であり、採用企業は「ポテンシャル採用」を第二新卒者に期待します。

つまり、20代はキャリアチェンジをする絶好の機会ということです。

まとめ

  1. 第二新卒者の需要の高さ
  2. 有効求人倍率から分かる人手不足
  3. キャリアチェンジの絶好のチャンス

以上が「早く辞めた方がいい理由3つ」になります。

まずは、「正社員を捨てるのが怖い」という思い込みをなくし、世の中にはたくさんの会社があることを再認識することから始めてはどうでしょうか。

仮に退職理由がネガティブなものだったとしても、面接対策を通して前向きでポジティブな言葉に言い換えるように工夫すれば内定獲得も決して難しくありません。

当サイトでは、そのきっかけとして転職エージェントと転職サイトの利用を強くおすすめしています。相談だけでも利用することができるため、気軽に登録してみてください。

プロの客観的な意見ほど役に立つ意見はありません。

【補足】第二新卒におすすめ転職エージェント11選

ご参考までに第二新卒転職に強い、おすすめの転職エージェントを紹介させて頂きます。

①リクルートエージェント(大手総合)|実績・求人数圧倒的No.1

リクルートエージェント
【公式URL】:https://www.r-agent.com/

POINT✔求人数圧倒的No.1の最大手エージェント
✔幅広い選択肢から自分に合った求人を紹介されたい方におすすめ
✔キャリアアップ・年収UPしたい第二新卒におすすめ

求人数が約31.9万件(非公開求人含む *2021年9月20日時点)という国内で求人数圧倒的No.1のリクルートエージェント。人材業界最大手の実績と経験、転職ノウハウを活かしてキャリアアップを目指したい第二新卒者におすすめです。

30代・40代向けミドル層やエグゼクティブ層の印象が強いリクルートエージェントですが、実際は第二新卒向け求人も多く保有しています。日本全国でオンラインサポートも受けることができ、履歴書や職務経歴書の添削や求人への応募は「Personal Desktop」と呼ばれる求職者専用サイトで完結できます。

もはや登録しない理由がなく、第二新卒者であれば迷わず登録しておきましょう。

優秀なキャリアコンサルタントも多く、客観的な視点であなたのキャリアプランを一緒に考えてくれます。

 

②ウズキャリ(第二新卒専門)|超手厚いサポートがウリ

uzuz ウズキャリ
【公式URL】:https://daini2.co.jp/

POINT✔完全オーダーメイド、1名あたり平均12時間の”超”手厚いサポート
✔キャリアカウンセラーは全て20代で第二新卒経験者
✔ブラック企業は完全排除
✔就職内定率86%、入社後定着率約97%、就職支援3.5万人以上など実績豊富

第二新卒専門の中小エージェントとしては、最も転職サポートが手厚い転職エージェント。

自己分析のサポート、面接対策の練習や書類選考の対策はもちろん、就職活動で不安なところは全てフォローしてくれます。

日本で唯一キャリアカウンセラー全員が20代。全て第二新卒転職を経験された者のみで構成されており、カウンセラーとの壁もなくコミュニケーションに負担がないでしょう。異なる時代を生きてきた人のアドバイスよりも、年齢が近い現役キャリアカウンセラーからは、同じ経験をしているからこそ説得力のある転職ノウハウが聞けます。

紹介される企業は優良の大手・ベンチャー企業のみで、ブラック企業を完全排除した求人のみ紹介してくれます。

③マイナビエージェント(大手総合)|20代に圧倒的人気のエージェント

mynavi-agent
【公式URL】:https://mynavi-agent.jp/

POINT✔20代若手採用に積極的な企業の求人が多い
✔幅広い選択肢から自分に合った求人を紹介されたい方におすすめ
✔キャリアアップ・年収UPしたい第二新卒におすすめ
✔転職サポート期限なく、ゆっくり転職活動できる

20代若手に高い人気があるマイナビエージェント。新卒での採用媒体「マイナビ」を利用していた親近感から、若手層に最も使われている転職支援サービスです。全体の求人数はリクルートエージェントやdoda、ビズリーチに次いで4番目ですが、20代若手向けの求人だけに絞るとマイナビエージェントが強い印象です。

特にポテンシャルある若手の採用ニーズが高い優良企業の割合が高く、第二新卒で利用するのに最もふさわしい大手エージェントといえるでしょう。

年収500万円以上の求人も多く、入社してからの多少スキルを身に着けていれば、第二新卒歓迎求人以外の選択肢も提案してもらえるでしょう。マイナビAGENTには転職サポート期限も無いため、ゆっくり転職活動が進められることも魅力的です。

 

④第二新卒エージェントneo(第二新卒専門)|ブラック企業を完全排除

第二新卒エージェントneo
【公式URL】:https://www.daini-agent.jp

POINT✔営業担当が厳選した優良企業のみ紹介
✔1名あたり平均8時間の徹底サポート
✔面接対策が徹底している

第二新卒エージェントneoは、営業担当が実際に訪問してチェックした企業のみを紹介するだけでなく、「社会保険が無い」「離職率が高い」「若手を育てる環境がない」などの怪しい企業は全て排除しています。

大手転職エージェントや転職サイトでは、不採用の理由はオブラートに包まれた伝え方をされ、本当の理由はわからないままです。

第二新卒エージェントneoでは、採用担当者からあなたを担当するキャリアコンサルタントへ包み隠さず“不採用の理由”が伝えられます。時には、痛いところを突かれるフィードバックがあるかもしれませんが、素直に受け入れ、改善し、面接で実践していけば最短で内定を獲得することができます。

フィードバック → 改善 → 面接を積み重ねていけば、面接で落ち続けることはまずありません。
※なお、電話でのサポートの場合、選考書類のやり取りはパスワードがかかったメールにて行われます。

大学卒業して新卒入社半年以内のスキルも全くない若手にも優しく対応してくれるため、新卒入社した会社がブラック企業で体力的、精神的に苦痛だった方でも相談しやすいでしょう。

 

⑤就職Shop(第二専門)|就職に自信のない方におすすめ

就職Shop
【公式URL】:https://www.ss-shop.jp/

POINT✔リクルートグループの安心感
✔書類審査無しで転職できる
✔幅広い選択肢から自分に合った求人を紹介されたい方におすすめ
✔キャリアアップ・年収UPしたい第二新卒におすすめ

リクルートグループの第二新卒に特化した転職エージェント。リクルートエージェントでは求人を紹介してもらえなかったという方も就職Shopなら優しく求人を紹介してくれます。

書類審査無しで面接できるため、書類作成に自信がない方にもおすすめです。面談オフィスも都心部中心にあるため、アクセスが良く便利です。

紹介される求人は全て就職Shopが訪問した企業に限定されるため、業務内容はもちろん職場の雰囲気・社風も把握しています。絶対ブラック企業に就職したくないという方にはおすすめのエージェントです。

 

⑥doda(大手)|業界最大級の転職エージェント且つ求人検索サイト

doda
【公式URL】:https://doda.jp/

POINT✔国内トップクラス(求人数第2位)の転職エージェント
✔第二新卒歓迎の求人数が4万件以上と豊富
✔求人検索サイトとしても使い勝手が良い
✔セミナーなど無料のイベント情報も豊富

約13.4万人の求人数を誇る業界第2位のトップクラス転職サービス。きめ細かいサポートに定評があり、dodaしか取り扱っていない独占求人もあるため、案件を取りこぼしたくない方は併せて登録しておきたいエージェントです。
dodaは求人検索サイトとしても非常に活用勝手の良いサービスです。

第二新卒歓迎の求人も4万件以上あり、求人の勤務地も東京神奈川埼玉・大阪京都だけでなく北海道からまで沖縄まで全国47都道府県を網羅しており豊富ですので、以下の公式サイトより情報収集してみてください。

 

⑦Re就活(第二新卒専門)|20代専門の転職サイトとして求人情報が豊富


【公式URL】:https://re-katsu.jp/career/agent/

POINT✔キャリアチェンジ転職を目指す20代若手・第二新卒に人気
✔20代未経験歓迎求人が約1万件と豊富
✔WEB履歴書を登録すればスカウトオファーがもらえる
✔累計会員登録数180万人以上と実績豊富

「未経験転職したい」「年収UPしたい」「専門性を高めたい」という20代第二新卒におすすめな転職サイト。優良ベンチャーからamazonなどの超大手企業、国内大手上場企業まで幅広い求人が1万件以上用意されています。

転職サイトとして使い勝手が良く、20代若者を中心に便利で人気なサービスです。

新卒入社して基本的なスキルが身に着き、即戦力として働ける方は年収500万円以上も目指せるでしょう。

 

⑧ハタラクティブ(第二新卒専門)|大手企業の求人多数

ハタラクティブ
【公式URL】:https://hataractive.jp/

POINT✔3人に2人が社会人経験無しで正社員就職
✔2週間でスピード内定獲得も可能
✔マンツーマンで手厚く指導してくれる
✔カウンセリング累計11万人、内定率80.4%の実績
✔スキルや経歴に自信がない20代におすすめ

カウンセリング実績は述べ110,000人というハタラクティブ。

3人に2人が正社員経験のないフリーターが未経験で就職しているそうで、社会人経験のある第二新卒ならきっと転職できます。

他の転職サービスで挫折された方もハタラクティブなら失敗せずに内定獲得までサポートしてもらえるでしょう。内定率は利用者の約8割と高い結果を出しており、幅広い業種・職種に就職が決定されているようです。

 

⑨いい就職ドットコム(第二新卒専門)|会員登録数20万人以上

いい就職ドットコム
【公式URL】:https://iishuusyoku.com/

POINT✔第二新卒・既卒転職の転職・就職支援に特化
✔会員登録数20万人以上と第二新卒最大級の転職サイト
✔求人検索サイト(求人数9,000件)も転職支援サービスも利用できる
✔各種セミナー・イベントを定期的に開催

累計登録者20万人の転職サービス。5000件以上の求人数も保有しており、公式サイトでは求人検索も可能です。
第二新卒特化型の転職エージェントとしても人気があり、自分で求人を探すだけでなく、キャリアアドバイザーに提案されたい方にもおすすめできます。
現在は電話・WEB面談のみ受け付けています。地方にお住まいの方でも気軽に利用しましょう。

 

⑩マイナビジョブ20’s(第二新卒専門)|マイナビの20向け特化サービス

マイナビジョブ20’s
【公式URL】:https://mynavi-job20s.jp/

POINT✔マイナビの20代第二新卒・既卒向け専門特化サービス
✔専任のキャリアアドバイザーが徹底サポート
✔書類添削や面接対策、日程調整までおまかせOK
✔入社後定着率94.6%の実績

安心のマイナビグループが運営する、第二新卒の転職・20代向け専用サービス。
マイナビエージェントよりも敷居が低く、20代であれば恐らくほぼ全ての方に求人を紹介してくれるでしょう。
未経験OK歓迎の求人も全体2300件中1700件以上と多く、延べ22万人以上の方が利用しているサービスですので安心です。

 

⑪:ネットビジョンアカデミー|転職サポート付きの無料ITスクール

POINT✔ネットワークエンジニアとして就職を目指せるITスクール
✔受講料、テキスト代など完全無料
✔上京就職される方向けの住居サポート制度あり

【公式URL】:https://www.netvisionacademy.com/

資格取得~就職支援までの2ヶ月間、受講料・テキスト代など全て無料でサポートしてくれるため利用者から好評のITスクール。
CCNAというネットワーク業界の世界共通基準資格が取得できるため、ネットワークエンジニアを目指す方にはおすすめです。
地方から東京に来られる方には住居費2ヶ月間が無料になる状況支援制度もあります。

【補足】おすすめ退職代行サービス5選

本当は転職したいけど上司が怖くて退職できないという方、会社都合な理不尽な理由で退職できない方もいるかもしれません。

そんな方には本人の代わりに退職意思・手続きを代行してくれる「退職代行サービス」の利用を検討するといいでしょう。

即日退職できるため、明日から会社に行かなくて済むというメリットがあるため、最近は利用が増えているサービスです。

以下に有名どころの大手退職代行サービスを5つ紹介しましたので、よろしければ参考にしてください。

①ニコイチ|退職代行の実績No.1(迷ったらココ)

ニコイチ
迷ったら最もおすすめできる、実績No.1の退職代行サービス。
退職代行実績16年、国内における退職代行サービスのなかで最も老舗。
料金は税込27,000円。弁護士監修の安心サービスで累計約29283人もの退職サポートを実現。16年間で退職成功率100%は継続中は圧倒的実績。
有給消化サポート、2ヶ月間のアフターフォロー付き。

②退職代行NEXT|弁護士監修で退職率100%

退職NEXT
弁護士監修のスタッフが退職代行をサポートしてくれるため、退職率は100%。
退職できなければ料金を全額返金してくれる返金保証もついています。
料金は税別3万円。連絡回数に制限はなく何度でも相談できます。

③退職代行ガーディアン|労働組合法人の確実・リスク無しサービス

退職代行ガーディアン
東京都の労働委員会に認証されている労働組合が行うため、違法性がなく、確実に退職できます。
料金は一律29,800円。就業規則で何カ月前までに申告と定められていても、即日退職ができます。

④辞めるんです。|業界初の後払いサービス

辞めるんです
退職後にお金を払う「後払いサービス」を業界初で採用。万が一退職できない場合はお金のやり取りが一切発生しないので安心です。
料金は税込27,000円。即日退職が可能。顧問弁護士から業務指導を受けた退職サービスで、弁護士法に違反しない形で精一杯サポートをしてくれます。

⑤退職代行Jobs|弁護士監修の退職代行サービス

退職代行Jobs
追加料金は一切無しで退職が完了するまで何度でも相談できる、弁護士監修の退職代行サービスです。
料金は27,000円。退職できなければ全額返金。24時間対応可能で、必要に応じて転職活動のフォローなど求人紹介もしてくれます。

▼より詳しく第二新卒の転職サイト・転職エージェント一覧を見たい方はこちら