24歳派遣社員の男性が正社員になるべき3つの”ヤバい”理由

24歳の男性が派遣社員として働いている場合、最初から派遣というスタイルを選んだ、就職活動の時に希望条件に合う正社員の仕事が見つからずに結果的に派遣をしているというケースがあります。

派遣で働いているということには、正社員にはないメリットもたくさんあります。
残業がなくプライベートの時間を大事にできる、時給が良い、責任のある仕事ではなく負担が少ないなど、派遣でいることの心地良さを感じてしまう人も少なくありません。

しかし24歳という年齢ではまだまだ先のことを楽観的に捉えてしまうことがありますが、実際に派遣社員のままで男性が年を重ねていくことには様々なリスクを伴います。
まだ24歳であるという若さを活かして、派遣社員というスタイルでの働き方を捨てることを考え、第二新卒の正社員枠を狙って正社員になることを考えることがお勧めなのです。

なぜ派遣社員のままでいることが危険なのかについて紹介します。

年収が上がらない

派遣社員は一時的に考えると、時給も良く24歳時点では周りの正社員よりも年収が多いというケースもあります。
責任のある仕事をして、忙しく働いている正社員と比べて、派遣社員でいる方が収入が多い、仕事も楽と考えると、このままで良いかなという気持ちに襲われることがあります。

しかし正社員の場合は、少しづつ給料が上がる、ボーナスが上がるということがありますし、今は同程度であったとしてもこの先確実に収入に差が開いていきます。
派遣社員は年齢を重ねるごとに時給が上がるということはないので、今のままの収入から変わらないのです。

一人で生きていく場合には、自分の分だけを稼げば良いと考えてしまいますが、この先出会いがあって結婚したいと思った時に、派遣社員であることがネックになることが
出てきます。
また自分一人で生きていく場合にも、老後の資金などを考えるとリスクが伴います。

正社員になれない

24歳で派遣社員でいる場合、派遣社員が嫌になったら正社員になれば良いかと考えていることもあるでしょう。
しかし年齢を重ねるごとに正社員として就職をすることが、難しくなってしまう状況があります。

派遣社員から正社員になれる可能性があるなど言われることもありますが、条件の良い企業ほど正社員は正社員、派遣は派遣として分けて考えていることが多く
可能性としては高くありません。

正社員枠が空いている場合、そして仕事の能力、コミュニケーション能力がよほど優れていて企業が採用したいと思う場合は別ですが、派遣から正社員に雇用される
ケースは多くはありません。

そしていざ正社員になりたいと思っても、30代を過ぎる頃から年齢的なものがネックになり、なかなか正社員として雇用されることが難しくなってくるのです。
就職活動をしていても30代になり今までは派遣社員で働いてきたという男性は、雇用する側からしても積極的に考えられる人材ではなくなってしまうのです。

24歳という年齢であれば、まだ第二新卒という枠で正社員になるべく就職活動をするチャンスがあります。
年齢的に正社員になることを考えて動き出すのであれば、今しかないと思う気持ちを持つことが大事です。

不景気になると打ち切られる

不景気になり業績が悪化すると、真っ先に派遣社員が打ち切りになって仕事を失ってしまいます。
新たな雇用先を探すにしても、景気が悪いという状況はどこも同じなので、なかなか派遣社員を雇うという企業が出てこない可能性があります。
そういった際に、職が見つからずに生活に見通しがつかなくなるということが考えられます。

派遣社員はプライベートの時間が持てるというメリットがありますが、時間だけあってお金がなくては生活していくことができません。
非正規雇用の経験はキャリアにはならないので、ずっと派遣社員を続けてきた経歴があったとしても、40代、50代と年齢を重ねていくにつれて
派遣社員としても声がかからなくなる状況も想定されます。

そうなってから就職したいと思っても、時すでに遅しでどうしようもないという状態になってしまうのです。
年齢を重ねるごとに自分の先についての不安が高まっていきますし、これから高齢社会になり、先では年金がもらえるかどうかわからないとも言われている中で
自分である程度のお金を稼ぎ出すことができないことは、リスクが高すぎるのです。

まとめ

このように24歳男性が派遣社員でいることに対して、現状では満足していたとしても、先では様々なリスクが降りかかってきます。
そういったことリスクがあるために、しっかりと考えている女性は、派遣社員の男性を敬遠して恋愛をする上でも、結婚をする上でも不利になってきます。

今が良かったら良いではなく、10年後、20年後、30年後までのことを考えて、今のうちに正社員になって、少しづつキャリアを重ねておくことがお勧めです。
まだ第二新卒として間に合ううちに、一歩踏み出すことでリスクが回避できるのです。