第二新卒に派遣社員を”絶対”おすすめしない理由とは?

転職活動が長引き、うまくいかないと派遣でいいかな?と思うかもしれません。

もしくは、業界未経験の事務職で正社員になりたいから派遣社員からステップアップしていこう!と考えるかもしれません。

 

しかし、それだけはやめた方がいいです。

今回はこうした考えを持つ第二新卒者に対して、派遣社員を”絶対に”おすすめしない理由を解説していきます。

この記事を最後まで読んで、今何をしなければいけないのか再検討していただければ幸いです。

第二新卒に派遣社員を”絶対”おすすめしない理由

以下、第二新卒で派遣社員を絶対おすすめしない理由になります。

  1. 長期の安定、継続した雇用が保証されない
  2. 実際の職務内容と実際の内容と異なる求人を出す
  3. 責任ある仕事を任せられない
  4. 3年以上働き続けることができない
  5. ボーナス(賞与)が出ない
  6. 社会的信用の無さ

一つずつ解説していきます。

1. 長期の安定、継続した雇用が保証されない

派遣社員は正社員とは異なり、非正規社員として派遣会社と契約を交わし、派遣先企業へと駐在します。

それは、いくら派遣先企業で勤務の継続を望んでも、派遣先の都合で雇用期間の満了を機に契約を打ち切られてしまう場合を意味します。

理由としては、会社の方針で派遣社員を減らすことになったり、派遣社員自身のスキルが足りないと判断される場合です。

再契約できなかった場合、派遣会社の営業に次の派遣先を提案してもらい、面談に行って派遣先に移ることになります。

これでは、両親を安心させるだけの安定や収入を得ることは難しく、正社員の方がメリットを感じるでしょう。

2. 実際の職務内容と実際の内容と異なる求人を出す

信じられないかもしれませんが、派遣会社の都合で実際の職務内容と異なる求人を派遣社員に出すことがあります。

なぜなら、派遣会社の都合と第二新卒者のスキル不足が経験で起こってしまうからです。

派遣会社の都合とは、人を派遣させなければ派遣会社は儲かりません。そこで、多少無理なマッチングでも強引に成立させようとする傾向にあり、結果としてそこにたくさんの嘘が生まれ、派遣社員が酷使しなければいけない状況へとなってしまいます。

また、第二新卒者のスキル不足も問題であり、派遣会社からすると紹介できる案件が限られてくることで結果として、職務内容と異なる求人を紹介されてしまいます。

3. 責任ある仕事を任せられない

基本的に派遣社員に責任ある仕事が任せられることはありません。

単調な仕事や、誰にでもできる仕事を任されるばかりでやりがいは生まれにくいものです。

また、仕事のやり方や方針についても口出しすることができないため、働くことのモチベーションは維持しにくいでしょう。

あくまで派遣社員は派遣会社と契約している”契約社員”であり、採用企業からすると”お客様”となります。

こうしたことから責任ある仕事を任せてもらえず、キャリアアップにつながらない仕事を延々とこなすだけになってしまいます。

4. 3年以上働き続けることができない

派遣先企業で働き続けることができる最長期間は「3年」です。これを抵触日といいます。

この法律はあくまで派遣社員を守るための法律ですが、現代のルールとはマッチしておらずそれが足かせとなって邪魔になっているのが現状です。

3年を境に派遣先企業は正社員雇用するか、部署を移動させ抵触日にかからないように要求されます。

しかし、派遣社員を使っているのはそもそも正社員が必要ではないからです。また、部署移動させることで再度3年間法律に違反せず、雇用することができます。

こうしたことが足かせとなり、キャリアアップもままならないことになります。

5. ボーナス(賞与)が出ない

派遣の給与は「派遣会社」から支払いされているため、派遣先の企業からそれとは別の給料が支払われることは基本的にありません。

6. 社会的信用の無さ

正社員と比較すると、住宅ローンや賃貸住宅の審査・お金の融資、クレジットカードの申し込み審査など、あらゆる申し込み審査に落ちるケースが多々あります。

このことから社会的な信用度が低く、継続して一定の収入を得ることができないと判断されていることがわかるでしょう。

とくに、一家の大黒柱になり得る男性が派遣社員では、子育てに関わる教育ローンなどを借りることができず、子供を育てていく上で欠かせない資金を稼ぐことができない問題も起こります。

思っている以上にこの問題は深刻で結婚適齢期である20代後半から重くのしかかってくるでしょう。

まとめ【第二新卒に派遣社員を”絶対”おすすめしない理由】

  1. 長期の安定、継続した雇用が保証されない
  2. 実際の職務内容と実際の内容と異なる求人を出す
  3. 責任ある仕事を任せられない
  4. 3年以上働き続けることができない
  5. ボーナス(賞与)が出ない
  6. 社会的信用の無さ

以上が「第二新卒に派遣社員を”絶対”おすすめしない理由6つ」になります。

他にもまだまだ派遣社員社員を絶対におすすめしない理由はあるのですが、契約社員や正社員との比較をしないと派遣社員のデメリットはわからないかと思います。

そこで、下記の記事では派遣社員・契約社員・正社員の三つの雇用形態を徹底比較しています。

第二新卒で派遣社員になることを考えている方に是非読んでいただきたい記事になっています。

読んでみてください。きっと参考になりますよ。