第二新卒で転職するなら在職中に!退職してバイト生活&転職活動は最悪

第二新卒で転職活動をする場合、在職中に行うか、退職して行うかは悩みどころでしょう。

しかし、第二新卒での転職はブラック企業やセクハラ、パワハラなどの理由を除いて、在職中に転職活動を行う方がいいでしょう。

今回の記事では、第二新卒でバイトをしながら転職活動を行おうとしている方に向けて、在職中の転職活動をおすすめする理由を解説していきます。

第二新卒はバイトしながら転職活動はするな!在職中に転職しよう

在職中に転職した方がいい理由は以下の4つになります。

  1. 経歴に空白期間が生じない
  2. 経済面での心配がない
  3. 不採用が続いても焦る心配がない
  4. 妥協せず条件のいい求人を待つことができる

1つずつ解説していきます。

理由1 経歴に空白期間が生じない

バイトをしながら転職活動を行うことは、経歴に空白期間を作ることを意味します。

つまり、経歴に空白期間を作らないことで、要領の良さや時間管理の面で評価してくれる可能性が大いにあります。

もちろん、ブラック企業で心身ともに疲弊して会社を続けることができないという方は、辞めた方がいいですが、在職中に転職活動をする時間がある中で会社を辞めてから転職活動をすると、「なぜ、在職中に転職活動をしなかったのか」必ず質問されることだけは覚えておきましょう。

理由2 経済面での心配がない

毎月決まった収入が20万円以上あることも在職中に転職活動を行うべき理由です。

転職活動は長期戦になることがあり、そうした場合は、お金のことが頭をよぎってしまうでしょう。

すると、想像以上に精神的にきつく、アルバイトをしていることでそれに甘んじてしまいます。

下手をすると、正社員への道が絶たれることにもなりかねないため、アルバイトをして転職活動をする際のデメリットとして把握しておきましょう。

また、住民税は昨年の所得を元に税金を払います。会社を辞めると、年金もご自身で払う必要があります。

このように、税金の面でも働きながら転職活動をした方がいいのがわかるでしょう。

理由3 不採用が続いても焦る必要がない

すでに述べたように転職活動がいつ終わるのかは誰にもわかりません。

就職活動で長引いた人はわかると思いますが、転職活動が長引けば長引くほど、精神的にも金銭的にもきついのは明白です。

その反面、在職中に転職活動を行うことで不採用が続いても現在の職を続ければいいだけなので、焦る必要がなくなります。

収入を確保しながら、精神的にも安定して仕事を探せることは、いい転職をする上で欠かせない要素です。

また、もしもいい求人がなかった時や、転職活動そのものを途中でやめたい時でも後戻りできる点でメリットだと言えます。

理由4 妥協せず条件のいい求人を待つことができる

転職活動でいい求人に出会えるかは、運によるものが非常に大きいです。

また、利用する転職エージェントや転職サイトによっても紹介される求人は異なるため、利用してみないことには知り得ない求人がたくさんあります。

そんな中、バイトをしながらでは、収入の面で長く持たないことが容易に想像がつくでしょう。

妥協せずにいい求人に出会うためにも正社員として転職活動をすることは非常に大事になります。

まとめ【第二新卒はバイトしながら転職活動はするな!】

  1. 経歴に空白期間が生じない
  2. 経済面での心配がない
  3. 不採用が続いても焦る心配がない
  4. 妥協せず条件のいい求人を待つことができる

以上が「第二新卒でバイトしながら転職活動はするな」になります。