第二新卒が第二新卒特化型転職エージェントを利用して面談した方がいい理由

第二新卒が第二新卒特化型転職エージェントを利用して面談した方がいい理由

初めての転職をするにあたって、様々な不安が心の中に渦巻いていると思います

例えば、

  • もう再就職できないかもしれない
  • 希望の職につけないかもしれない
  • 新卒カードを無駄にしてしまった
  • 退職理由を上手に説明できるかわからない

こんなマイナスな感情が無限に湧いてくるときこそ、第二新卒特化型の転職エージェントを絶対に利用すべきです。

その理由を3つ紹介します。

特化型転職エージェントは面談や面接練習に多くの時間を割いてくれる

多くの第二新卒にとって、新卒で入社した会社を辞めた理由は後ろ向きなモノでしょう。

そうしたとき、プロの転職エージェントに相談し、解決策を提示してもらうことがいち早くあなたの仕事に関する問題を解決する糸口になります。

特に、中小転職エージェントの多くが大手よりも充実したサポートを提供しており、悩みや相談ごとにも乗ってくれるほど親身にあなたの問題を解決してくれます。

これは、20代特化型の転職エージェントならではのサービスであり、大手にはないメリットだとはっきり言えます。

内定率83%以上を誇る「ウズキャリ」は、平均20時間以上の面談と面接練習をすることで求職者の悩みを解消してくれる優良サービスです。このウズキャリ(UZUZ)への評判は非常に良く、面談をすることでその良さがよくわかるでしょう。

弱点に絞っての対策が可能

大手転職エージェントは、第二新卒だけではなくスキルや実績があるミドル世代を多く転職させてきました。その結果、弱点をどう隠し、長所をどう表現するか、ということにはあまり長けていないと言えます。

もちろん、中にはそうした経験やノウハウを持った大手転職エージェントもいるでしょう。

ただ、面接で言うべきことはいい、言わなくていいことは隠す必要がある第二新卒の場合、ミドル世代の転職とは状況がかなり異なります。

そうした退職理由などの短所を上手い具合に言い換えてくれるのが、第二新卒特化型中小転職エージェントの最大の持ち味の一つだと言えます。

他にも、

  • 履歴書をどう書けばマイナスの印象にならないか
  • 職務経歴書をどう書けば上手な伝え方ができるか
  • 面接では何をどう表現すれば就職意欲が伝わるのか

といった悩みや不安は、第二新卒だからこそ生まれます。

こうした悩みや不安をピンポイントで解決してくれるのが第二新卒特化型転職エージェントであり、初めての転職をする上で利用すべきサービスでしょう。

第二新卒だけが欲しい企業があり、ライバルが少ない

第二新卒特化型転職エージェントは、日本に8社以上存在します。

では、そもそもなぜ第二新卒に特化した転職エージェントが存在するのか、考えたことはありますか?

それは、第二新卒に需要があるからです。

つまり、企業から必要とされているからです。

論より証拠ということで、第二新卒に特化した転職エージェントを箇条書きしました。

  • ウズキャリ
  • ハタラクティブ
  • いい就職ドットコム
  • ジェイック
  • マイナビジョブ20’S
  • 第二新卒エージェントneo
  • リクナビNEXT
  • ProEngineer
  • 若者正社員チャレンジ事業

実際には、第二新卒の女性に特化した転職エージェントも存在しているため、10社以上は存在しています。

このように第二新卒のみを募集する企業があるからこそ、上記人材紹介会社もサービスを維持、継続することができています。

また、ただ第二新卒をターゲットした求人は、大手の転職エージェントに求人を出さないことが多く、求職者にとってライバルが少ないのも特徴です。

一方、大手の求人だと経験豊富なミドル世代もあなたのライバルになってくるため、ライバルが少ない第二新卒特化型の求人に応募するのは、賢い選択だと言えます。

そのためには、どのような求人があるのか確かめなければいけません。

だからこそ、転職エージェントと面談し、どのような求人があるのか確認することが非常に重要です。

第二新卒におすすめの転職エージェント4選」では、過去使ったことがあるおすすめの転職エージェントを紹介しています。

中には第二新卒のみではなく、20代と幅広く求人を扱っているエージェントも中にはありますが、あなたの希望に沿った面接対策や求人に出会える人材紹介会社のためぜひご覧ください。

また、面談をしてあなたの目で確かめてみてください。