23歳転職|未経験から第二新卒で転職を成功させるポイント3選

23歳というと、多くの方が高卒から5年、大卒から1年という時間が過ぎた頃でしょう。

様々な節目がありますが、若者にとって20代は1年1年が節目となる年です。

仕事にも少し慣れたころ、今の職場の人間関係の悩みや、仕事内容や今後の給料に希望を持てないなどを理由に転職を考える人もいるでしょう。

ただ転職経験がなく、生の情報がない中で最善の選択をしようとするあまり、転職したくても実際にどう動いたらいいのか分からない、動けないの方も多いと思います。

そこで、転職を考える23歳に向けて、具体的に何を考えていけばいいのかを明確にするために、転職を成功させるためのポイントを3つ紹介していきます。

この記事を参考にして、あなたの転職が少しでもいい方向に進むことを願っています。

23歳転職未経験が第二新卒で転職を成功させるためのポイント

  1. 正社員をまずは目指す
  2. やりたくないことに焦点を合わせる
  3. 23歳でも業界未経験でもポテンシャル採用で転職できることを知る

上記3つが23歳転職未経験で転職を成功させるためのポイントになります。

一つ一つ解説していきます。

1. 正社員を必ず目指す

正社員を目指す

第二新卒で派遣社員や契約社員から正社員を目指すのはありか?なしか?」という記事に書いたとおり、23歳であれば必ず正社員を目指すべきです。

中には、派遣社員や契約社員を経由して、経験と実績、資格を積み重ねていき、隙あらば正社員になろうと考える23歳の方がいるかもしれません。

しかし、それが経験がいるような職種だとしても、まずは正社員雇用してくれる求人に転職エージェントを使って応募するべきです。

例えば、経理や貿易事務をやりたい人がいたとします。

バックオフィス系の求人は、有効求人倍率が0.28と3人に1人しか仕事がない状況ですが、それでも正社員を目指すべきです。

なぜなら、派遣から正社員登用される確率が極めて低いからです。

各民間企業の業績や雇用状況によって異なることから具体的な数値で示すことができませんが、正社員になれる確率や正社員になれる職種は低いと言えます。

また、正社員登用を実際はしていないのに人が全く集まらないブラック企業が「正社員登用」という甘い言葉を使って、人を集めようとする行為も存在します。

そもそもなぜ、派遣社員を雇うのかを考えてみてください。

「人を長期雇用したくない」

「業績が悪くなっても派遣社員ならすぐに首をきれるから」

「ルーティーンワークは派遣社員に任せて、利益があがる重要な仕事は正社員にやらせて人を育てたい」

などなど、こうした考えが派遣社員を雇う企業にはあることをよく考えたほうがいいです。

そして、こう考えている会社が派遣社員を雇うでしょうか?

経験者である中途を引っ張ってきて、即戦力として利益が上がる仕事をやらせるでしょう。

つまり、重要な仕事やキャリアアップに繋がる仕事が頼まれない場合があるとともに、正社員登用されなかった場合のデメリットがあまりにも大きすぎます。

こうした悪い点を踏まえてもう一度、考えてみてください。

本当に派遣から正社員を目指すことができるのか、正社員になるには何年かかるのか、と。

そして、正社員になる道をまずは探して、会社の規模やブランドにとらわれずキャリアップに繋がる仕事ができる正社員の求人を探すことでしょう。

そうすれば、後の転職もうまくいく確率がかなり高くなりますし、正社員だから仕事が出来るだろうとプラスに働きます。

今一度、正社員であるメリットを考えてみるべきです。

2. やりたくないことに焦点を当てる

やりたくないことに焦点を当てる

高卒なら5年間、大卒なら1年間働いてきて、新卒とは全く異なることが仕事を続けていくうえで重要なんだと気づいたでしょう。

その気づきは、本当に重要です。そして、これから40年以上働いていくことになる仕事人生を充実したものにするためのヒントだと言えます。

例えば、「スーツが着たくない」や「定時帰って趣味を思い切り楽しみたい」、「転勤や部署移動がない会社にはいりたい」「営業の休憩中にシャワーを浴びたい」といった、他人からすると本当に些細かもしれないことが仕事を続けるうえで欠かせなくなってきます。

しかし、この気づきは新卒時にはなかったのではないでしょうか?

ここで述べたいことは、やりたくないこと、絶対にこれだけは譲れない働き方を中心に今一度思いを巡らせるべきです。

就職活動を始めて行ったとき、仲間の目が気になって有名だけどノルマがきつい会社に入社したり、あまりやりたくない事業を行っている会社だけど親や親戚に見栄を張って無理に入社したなんてことがあるでしょう。

しかし、実際に社会に出てみて、そんな見栄や周囲の視線などクソの役にも立たないことが充分わかったと思います。

そこで、あなた自身がやりたいことではなくて、現職や前職で感じる嫌な部分を感じない会社を選ぶべきでしょう。

こうすることで、少なくとも精神的にかなり楽になり、転職を成功させる確率が高まるでしょう。

また、どうしてもやりたいこととやりたくないことが表裏一体で両方があなたを付きまとう場合、その会社に入ったらあなたは楽しそうに働いているのか、辛そうに働いているのか、どこに不満をもっているのか、よりリアルに考えを巡らせる必要があります。

この考えを巡らせる作業は、今一度あなたのキャリアをゼロから構築する大切な準備となりますし、1回目の転職が本当の就職活動だと思えるようになります。

3. 23歳でも業界未経験でもポテンシャル採用として転職できることを知る

未経験でも転職可能

最後にお伝えしたいことは、20代前半はポテンシャル採用で会社に入社できる点です。

そのため、業界未経験でも新しい職種に挑戦できると言えます。

採用担当者がよく言う話ですが、「一度社会に出た人は、新卒のときに見えて来なかった本当にやりたいことや、やりたくないことが見えていて、採用活動がしやすい」と言います。

この意味は、第二新卒でも前向きに採用を考えている企業がたくさんあることなんです。

実際、3割以上の企業が第二新卒の採用に積極的だと回答しており、第二新卒を新卒者と中途者の掛け合わせ的な人材だとみている企業が多いと言えます。

そうした第二新卒は、社会人としての基礎は兼ね備えていることから新卒者よりも教育コストがかからないほか、やる気と次の会社にかける思いが本当に強い面があります。

とある企業の採用担当者が「あえて新卒と第二新卒を一緒にして、研修を行うことで新卒者のモチベーションを引き出す効果がある」といったほどです。また、「新卒者が第二新卒の気迫や明確な目的意識に驚いていた」と言うように第二新卒だからこそ魅力的な部分があります。

そのため、第二新卒のことを会社を辞めた根性なしではなく、「挫折経験がある社会人」と捉えています。

このように、新卒とは違った立ち位置でポテンシャル採用を実施している企業と、第二新卒を高く評価してくれる人事がいるのを予め知っておくことで引け目なく、初めての業界や未経験可の求人に応募し、転職していくことができるでしょう。

まとめ

  1. 正社員を必ず目指す
  2. やりたくないことに焦点を当てる
  3. 23歳でも業界未経験でもポテンシャル採用として転職できることを知る

以上がまとめとなります。

下記の記事も合わせて読むことで転職に関する不安を払拭することができます。

ぜひ、参考にしてみてください。