第二新卒で受かりやすいのはIT企業|受からないのは事務職【入りやすい】

dainishinsotsu-jimu

第二新卒で初めて転職する際に気になるのが以下の点でしょう。

  1. 受かりやすい業界、職種
  2. 受かりやすい人の特徴
  3. 受からない業界、職種
  4. 受からない人の特徴

今回の記事では上記の点について深く掘り下げていきたいと思います。

第二新卒で初めて転職活動をする方の参考になれば幸いです。

第二新卒で受かりやすいのは”IT企業”受からないのは”事務職”

第二新卒受かりやすい人

まず初めに、第二新卒で受かりやすい業界と職種、受からない業界と職種を紹介します。

結論から述べると、数ある業界と職種の中でも受かりやすいのが、IT業界の全職種です。

一方、受からないのが事務職です。

その根拠となる「データ」を大手転職エージェントである「DODA」が公開していました。

求人倍率から見る転職市場

転職市場

有効求人倍率とは?

企業からの求人数(有効求人数)を、公共職業安定所(ハローワーク)に登録している求職者(有効求職者数)で割った値のことで、雇用状況から景気を知るための統計資料の一つです。

職種 求人倍率
全体 1.85
営業系 1.61
企画・管理系 1.63
技術系(IT・通信) 8.25
技術系(電気・機械) 2.97
技術系(メディカル) 1.48
技術系(化学・食品) 0.83
技術系(建築・土木) 4.58
専門職 5.16
クリエイティブ系 1.32
販売・サービス系 0.49
事務・アシスタント系 0.19

出典:「DODA転職求人倍率レポート(2021)

上記は、2021年5月に行われたDODA転職求人倍率レポートから出典した図になります。

赤色の職種と有効求人倍率に注目してください。

最も高い値が「技術系(IT・通信)」で「8.25」ポイントとなります。
一方、最も低いのが「事務・アシスタント」で「0.19」ポイントになります。

つまり、「技術系(IT・通信)」は一人の求職者に対して8.25枠もの求人があるのに対し、「事務・アシスタント」は0.19しか求人がないのが現状だと言えます。

事務・アシスタントの場合、1つの求人に応募した場合、最低でも5人以上のライバルに面接で勝たなければいけません。

事務職の競争倍率の高さがよく分かると思います。IT・通信は事務職の40倍以上で人材不足で苦しんでいるのがわかると思います。

上記のデータは、全世代の転職市場のことを指していますが、それでも受かりやすい業界、職種などの傾向は20代の転職市場となんら変わりません。

IT業界が第二新卒で受かりやすく(入りやすい)、事務職が受かりにくい他の理由

IT企業

これだけの求人数が多いIT業界ですが、その理由を簡単に述べると、「超がつくほどの人手不足」に陥っているからです。

その数は、なんと17.1万人にもなります。そして、2020年には36.9万人を超えるとも言われています。

一方、事務職は単純に求人がないということを意味しますが、他にも第二新卒が事務職に受からない理由があります。

それは、経験者重視だからです。

経理職や貿易事務職など非常に人気が高いバックオフィス系の職種に就く方のほとんどが新卒で入社した会社で実務経験を積んでいます。

第二新卒者は、このようなすでに経験がある方と転職市場で職の取り合いをしなければいけません。

これでは、いくら英語がペラペラでも英語を使った事務職に就くことは相当困難であると容易に想像がつきます。

実際、筆者も第二新卒で事務職に応募した際は、1つの求人に対して65人から応募があったと転職エージェントに聞かされました。

これでは、いくらなんでも採用に受かる可能性が極めて高いでしょう。

 

第二新卒での転職は、ポテンシャル採用であることからこうしたデータを活用して入りやすい業界に忍び込むのも作戦と1つとなります。

ぜひ、参考にしてみてください。

第二新卒で受かりやすい人、受からない人の特徴と、入りやすい業界

第二新卒で受かりやすい人

とはいえ、どれだけ倍率が高くても採用されるような「受かりやすい人」がいるのも事実です。

一方、どれだけ採用面接を受けても「受からない人」がいるのもこれまた事実です。

ここからは、両者の主な特徴を1つずつ紹介してきます。

第二新卒で受かりやすい人 挫折経験を糧に強い意欲が感じられる人

挫折経験を糧に強い意欲が感じられる人は受かりやすい傾向にあります。

というのも、第二新卒者の採用ポイントは「ポテンシャルがあるかどうか」にかかっています。

言い換えると、自発的に成長していけるかどうかを採用側は見極める必要があります。またすぐに辞められては、経費がかかる上に無駄な仕事を増やすだけなのでたまったものではありません。

そこで、採用担当者が見る点は、「以前の早期離職という挫折経験を反省し、それを糧に強い意欲で仕事に打ち込む気概がある人」という所に着目しています。

能力的なポテンシャルのみならず、意欲の強さも「ポテンシャル」のありなしに関わるので、覚えておきましょう。

第二新卒で受からない人 辞めた企業の悪口と退職理由をいくつも話す人

受からない人の特徴として、採用面接で「辞めた企業の悪口」と「退職理由をいくつも話す人」を挙げています。

採用面接で見られる主なポイントは、「退職理由」になりますが、こうした悪口や何が原因かしっかりと分析できていない人に対して「早期離職を繰り返すだろう」といった印象が残ります。

それもそのはず、悪口を言っている第二新卒者を採用すれば、次は自社の悪口を言われるだろうと思いますし、主張に一貫性がない人は信用に欠けます。

絶対にこのような悪口や一貫性のない主張はしないようにしましょう。

退職理由に関する詳しい話は下記の記事を参考にしてみてください。

第二新卒で入りやすい業界 IT業界と介護、アパレル、飲食など

上記で述べたとおり、第二新卒で入りやすい業界はIT業界や介護、アパレル、飲食などの人手不足の業界になります。

これは、第二新卒に限らずほぼ全ての年代の転職者が比較的入りやすい業界であり、慢性的な人手不足が原因で入りやすい業界と化しています。

一方、第二新卒のみが入りやすい業界はないのが現状であり、資格や経験を武器に転職活動を成功させる必要があります。また、面接対策を万全の状態で行い内定を勝ち取ることが必須となります。

 

まとめ

  1. 第二新卒で受かりやすい、入りやすい業界は”IT企業”
  2. 第二新卒で受からないのは”事務職”
  3. 受かりやすい人は”挫折経験を糧に強い意欲が感じられる人”
  4. 受からない人は”辞めた企業の悪口と退職理由をいくつも話す人”

以上が「第二新卒で受かりやすいのは”IT企業”受からないのは”事務職”」のまとめになります。

ぜひ、下記の記事も参考にしてみてください。