第二新卒の会社説明会は”一次面接”で行われるのを知っていますか?

第二新卒 会社説明会

第二新卒での転職は新卒での就職活動とは異なります。

採用面接で聞かれる内容や採用プロセスがそれに当たります。

今回の記事では、「第二新卒の会社説明会と会社訪問」に絞り、転職活動を行う上での注意点について述べていきます。

第二新卒の会社説明会は”一次面接”で行われます

会社説明会

採用プロセスに関する質問として挙げられるのが、「第二新卒の会社説明会はいつ受けるのか」という質問です。

端的に回答すると、「会社説明会は一次面接の序盤で行われます」。

新卒での就職活動とは異なり、第二新卒での一次面接は以下のような形式をとります。

  1. 人事担当者から会社説明会を受ける
  2. 直属の上司になる部長や専務などから質問される
  3. 質問終了後、あなたからの逆質問タイム
  4. 面接終了

大まかな流れは以上のようになります。

面接官は、複数人いることが多く、人事担当からの会社説明会を聞く姿勢もよく見られているので注意が必要です。

説明会終了後は、あなたの経歴や退職理由、志望動機など一般的な質問をされます。

その後、あなたからの逆質問を経て、面接は終了となります。

具体的な退職理由に関しては、下記の記事を参考にして考えてみてください。

会社訪問時のマナー

ここからは、会社訪問時のマナーについてです。

以下、4つのパートに分けて解説していきます。

  1. 服装
  2. 言葉づかいと気遣いの言葉
  3. 具体的な数字を用いて自己PRをする
  4. 逆質問

1つずつ解説します。

会社訪問時の「服装」

  スーツ シャツ ベルト ネクタイ
男性 紺、グレー、ダークネイビー ブルー、レッド、
  スーツ(パンツスーツ、スカート) シャツ ヒール ストッキング
女性 濃い色の紺やグレー ヒールが高くないもの(3-5cm) ベージュの無地

基本的に上記の表を参考にしていけばいいでしょう。

新卒採用で着用したスーツではなく、社会人2、3年目を彷彿とさせる紺やグレーなどのスーツを着用するといいでしょう。

男女別の詳しい服装に関しては下記の記事を参考にしてみてください。

会社訪問時の「言葉づかいと気遣いの言葉」

新卒採用と異なるのが、「面接での雰囲気と面接官の態度」です。

新卒採用の際は、威厳を保とうとピリピリとした雰囲気や態度が感じられたかと思いますが、中途採用での面接は和気藹々とやんわりとした雰囲気の中行われることが多いです。

そのため、丁寧すぎない言葉づかいを心掛けるといいでしょう。

もちろん、回りくどい言い方をするのでは、的確かつ何が言いたいのかわかる言い回しを使うとともに、少し笑えるような話を混ぜていくと印象がよくなります。

また、入室時や退室時に面接の時間を設けてくれたことに関してお礼を述べると印象がさらによくなります。

当たり前ですが、ちょっとした気遣いも第二新卒の採用に関わる指標になります。

具体的な数字を用いて自己PRをする

すでに就業経験がある第二新卒者は社会人経験者です。

ビジネスパーソンとして上手に自分を見せる必要があり、そのために具体的な数字を使いながら前職・現職で学んだことを御社で活かせますよ、とPRしましょう。

エクセルのスキルなども具体的にピボットが使えるのか、VBAが使えるのかを明確に話しましょう。

具体的な実績を示すよう心掛けましょう。

逆質問

逆質問も採用に関わる重要な判断基準になります。

事前企業研究を終わらせておき、面接当日の会社説明会でわかるような簡単な質問はしないようにしましょう。

逆質問においてもできるだけ具体的な質問をする必要があり、YES/NOで答えられるぐらいの深掘りした質問をするとよく調べているな、という印象を受けます。

応募先企業に興味があることを示す場でもあるので、3つ以上は考えておくようにしましょう。

まとめ

  1. 第二新卒の会社説明会は”一次面接”で行われます
  2. 会社訪問時のマナー:服装
  3. 言葉づかいと気遣いの言葉
  4. 具体的な数字を用いて自己PRをする
  5. 逆質問は深掘りする

以上が「第二新卒の会社説明会は”一次面接”で行われる」のまとめになります。

第二新卒の退職理由や服装に関して、深く知りたい方はぜひ下記の記事を見てみてください。